Beauty Lifeのブログ | 埼玉・川口で家事代行をお探しなら<Beauty Life>ビューティーライフにおまかせください。

Beauty Life
ブログ
2017年10月23日 [子供]

押入れベッド

我が家は家族の人数に対して、部屋数が少なく、上二人には個室を与えることが出来たのですが、下二人はまだ私と主人と同じ部屋で川の字で寝ています。といっても、4人なので川の字ではないですね(笑)

三番目の子は我が家唯一の女の子。そして小学5年生。思春期に突入し、「一人部屋がほしい!」と毎日言っております。そりゃ、今すぐにでも一人部屋を作ってあげたいわ!と思っていますが、それもできず・・・。娘念願の一人部屋は無理ですが、二人部屋を作ろうと決心しました。もう何年も前から言われ続けていましたが、最近やっと重い腰を上げて部屋作りに取り掛かることにしました。でも、女の子と男の子なので、6畳の部屋をなんとかプライベートも保てるように区切りたい。そこで自分なりに色々調べ、考え抜いて思いついたのが、「押入れベッド」でした。もともと、押入れの中には使わない布団や洋服が入っているだけで、ほとんど機能していませんでした。ですので、ほとんど捨てるもの。それを数枚はまだ着れる服があったので、それ以外は全て市のリサイクルセンターや粗大ゴミとして処分しました。

この押入れをベッドにすると、部屋自体には、机と棚、衣装ケース位しか置かないのでだいぶスッキリ使えます。
あとは部屋をパーテーションで区切って、ある程度プライバシーは保てるかな。

何も無くなった押入れを、そのままベッドに使うのは味気ないので、私の大好きなDIYで壁を漆喰で塗りました。初めての漆喰。水で薄めて使う物を使用したので、水の分量を間違えたり、ひびが入ってしまい何度も上塗りしたりと悪戦苦闘しました。それでも、なんとか塗り終わり・・・。見た目はでこぼこで散々ですが、家族が使うのでそれはよし!としています。

壁のあとは、ホームセンターで「すのこ」を買ってきて床に敷き詰めました。

押入れの幅は165cm程しかないので、インターネットでひたすら探してなんとか収まりそうな布団を購入。今配送待ちです。
それにしても、165cm・・・。子供があと少し大きくなったら、もうここでは寝られません。こんなに頑張ったのに、あと数年・・・。もう少し早くに取り掛かればよかった!

押入れベッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop